検索

スタジオクローズのお知らせ

会員の皆様、


いつもSpellboundをご利用頂き、誠にありがとうございます。

突然のお知らせで大変恐縮ですが、11月にスタジオをクローズすることを決定致しました。


約1年と少し前に肩の腱板を損傷しました。当初から手術なしには回復しないと言われておりましたが、リハビリなどでなんとか回復できないかと、これまで努力して参りました。結果、多少は良くなりましたが、計画した以上に肩の可動域が広がってしまうと、すぐに脱臼してしまう状態であり、自由に踊ることはおろか、自分の上達の為の練習すらできませんでした。再びベストな自分に戻るため、ここで一度しっかりと手術を受け、回復に専念したいと思います。


これまでレッスンに来て頂いた皆様には、本当に感謝をしております。皆様の上達のお手伝いが出来ることが、こんなにも私を幸せにしてくれるものだとは知らず、自分も知らない新しい一面を発見することが出来ました。皆様のおかげで、人生において本当に大切なことが何であるかを学ぶことができ、人生の大きな指針となりました。


私にとってスタジオは家であり、生徒の皆様は家族のようでした。皆様と時間を共有すること、また毎回皆様の新しい部分を知ることができたことは、日々の喜びでした。気持ちがダウンしていた日でも、レッスン後はいつも元気になっている自分に気が付きました。


レッスンの数が少なく、皆様にはご不便をお掛けしたかもしれません。この3年弱、とにかく皆様に最速で上達してもらえるよう努力して参りました。とても細かい基礎の部分から大技に至るまで、私の持てる知識を出し惜しみすることなくすべて共有して参りました。楽しいクラスとなることを常に心掛け、難しいと感じてもらわない様に努力して参りましたが、レッスンのレベルは正直優しいものではなかったと思います。また、毎回新しいトリックやコンビネーションを教えていたため、ペースについてゆくのも大変だったと思います。だからこそ、今後も皆様には絶対の自信をもってポールに取り組んで頂ければと思います。


スタジオをクローズすることは悲しいですが、悲しいことだけではありません。  また練習できること、 また自由を感じられること、また踊れること、また演技を通して自分を表現できること、そして、それをいつかまた皆様と共有できることを考えると今からとても楽しみです。


皆様には、今後もこの美しいスポーツを楽しみながら上達していって欲しいと願っております。なによりも、私が皆様の中に見た可能性を引き続き伸ばしていって頂ければ、これ以上の喜びはありません。


(*最終日などの事務的なお知らせにつきましては、別途連絡をさせて頂きます。)


Violaine Richard 

最新記事

すべて表示

最終日について

会員の皆様、 いつもSpellboundをご利用頂き、誠にありがとうございます。 前回のアナウンスにて、11月中のクローズをお伝えしたところ誠に恐縮なのですが、10月31日(土曜日)をもってスタジオをクローズする決定を致しました。 9月20日のクローズアナウンス以降、いつもよりかなり多くのご予約を頂きました。2018年1月のオープン以降、一番多くのご予約を頂いたと思います。 最後ゆえにいつもより多

予約システムのエラー

皆様、 いつもSpellboundをご利用頂き、誠にありがとうございます。 本日会員様のご指摘で判明したのですが、本日(9月10日)の柔軟クラスの予約が入っていなかったにも関わらず、満員と表記され予約が取れない状態になっていたていたことがわかりました。 今回だけなのか、過去にもこのようなことがあったのか、現段階では分かりかねますが、6月のスタジオの再開以来、ポールと柔軟のクラスが1クラスづつ、更に

© 2023 by Spellbound