ABOUT US

ヴィオレン・リシャ / Violaine Richard 
   (オーナー & インストラクター / Co-founder & Instructor)

ヴィオレンはフランスで生まれ、フランスで育ちました。幼少期からベルギーのオリンピック・チームの指導経験もある有名なコーチの元、6年間新体操を学びました。この6年間の環境で、自分の可能性に挑戦する習慣、そして目標を達成するために自身を律する習慣を身につけました。加えて2年間バレエも学びました。バレエでは、動きの正確性と基礎の習得の重要性を学びました。これら8年間の経験が、ステージ・パフォーマンスへの情熱、身体表現における華麗なライン、そして極度の柔軟性を形成しました。2015年にダンスに身を捧げることを決意し、ポール・ダンスを始めました。

  Violaine was born and bred in France. As a
child, she has done over 6years of rhythmic gymnastics under a famous Belgium coach who also taught Belgium Olympic team. During this time, she learned to challenge her abilities and to discipline herself. Additionally, Violaine practiced ballet for 2years and learned precision and the importance of mastering good basics. These 8 years of experiences shaped her passion for stage, graceful lines and extreme flexibility. Three years ago, she decided to dedicate herself to dancing and started pole dance. 

 

<これまでの全成績 / Titles>
・Japan Pole Sports Championships 2019 (Artistic Pro): Champion
・World Pole Dance Championships 2018: Champion

・Asia Pole Championship 2017: 1st Runner-up

・Miss Pole Dance Japan 2017: Champion

・Felix Cane Pole Championship: Finalist

・Pole Dance France 2016: Finalist

・Pole Globe 2016: 1st Runner-up

・Pole Theatre Greece (Pro-Drama) 2016: 1st Runner-up

  (同時に総合2位 / 2nd in all categories)

 

 

Yoshi (Co-founder)

 

起業家。スペルバウンドとは別に、クロス・ボーダーの訴訟支援スタート・アップを経営。スタート・アップ起業前はビリオネアのP.A.を務める。スペルバウンドでは、バックオフィス業務と日本語クラスの通訳を担当。20世紀型企業とスタート・アップ型企業を共に経験し、今後拡大する個人主体のビジネスに興味を持ち、試行錯誤中。
  Yoshi is an entrepreneur who is also running a legal startup. Before setting up his first company, Yoshi was working for a billionaire as his P.A. At Spellbound, Yoshi runs the back office and gives an interpretation for Japanese classes. In his 20’s he met and spoke to many intellectuals and activists such as Noam Chomsky, Muhammad Yunus etc, so should you be interested in startups in general or academism, he is a right guy to chat! 

 

ABOUT STUDIO

 スペルバウンドは、天高3.5m、45平米の空間に3本のポールが設置されています。ポールの数を可能な限り少なくすることが、ヴィオレンがスタジオを開くにあたり最も大切にしたポイントでした。

 

 同じレベルの生徒をターゲットとしたレベル分けされたクラスにおいても、生徒皆様の得手不得手、身体能力は異なります。ポール・クラスの生徒数を最大3人とし、クラスをセミ・プライベート化することで、生徒の皆様の最も早い上達を目指します。

 

 また、安全面においてスペースの確保は重要です。ポールの数を減らすことで、隣の人や隣のポールとぶつからない十分な間隔を確保しています。上達すればするほど、ダイナミックなトリックやムーブが増えますが、それでも安全にポールを楽しんで頂けるよう設計しています。

 

 ポール・クラスの生徒数が最大3人であることで、インストラクターは皆様のミスや悪い癖を見逃しません。胴体の角度、重心の位置、一見すると無関係に思える筋肉など、細かい要素を理論的に説明しながら教わることはほとんどありません。しかしながら、それら小さな要素が、トリックの習得、またはコンビネーションにおいて重要な役割を果たします。スペルバウンドでは、ヴィオレンがそれら無視されがちな基礎を説明し、皆様に身体だけではなく、頭でも動きを理解していただけるよう努めます。正しく基礎を学ぶことがこそが、上達への近道です!

 

Spellbound has only three poles in approx. 45 sqm studio.  Having less poles is on the top of Violaine’s wish lists and here are the reasons. 


First of all, there are less students in one class.This is crucial since even within one class targeting students with same level, everybody has a different skills and issues. Having less students allows an instructor to give lessons needed to each students in one class.    

Secondly, it is safe. You will not hit a person near by or hit a pole next to you. 


Thirdly, it allows you to do dynamic moves which require decent space around a pole. The more you improve, the more you will need space.


Last but not least, only 3 students are on the poles at one time, so Violaine will not miss out any mistakes or issues. The angle of your torso, the position of your centre of gravity or even a simple invert, most of people do not pay attention to those small aspects but those matters a lot to make tricks easier or make your combos smoother. We will verbally explain those neglected basics, so our students are able to understand pole dance by not just a body but also a brain. We believe this helps a lot to improve. 

© 2023 by Spellbound